新宿区|泌尿器科専門サイト

東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F  Tel 03-6304-5253
病院へ行くべきか、いかなくても良いのか
「保険診療で性病検査および治療をうけたい」「膀胱炎は何科にいけばいいのか」など、泌尿器科関連の問題で悩まれるときがあると思います。新宿の駅前にある当院では内科、皮膚科を中心に診療しておりますが、内科および皮膚科にまたがる領域の泌尿器科の病気の一部を保険診療にて診察しております。疾患名や診療内容が待合室で他者にわかることはありません。
忙しい皆様に向け、予約不要でお待たせしないでご利用いただける、新宿のオフィス街にあるクリニックです。
午後6時以降は混雑することもあり、お時間いただくことがあります。保険改定のため、夜6時以降に受付の場合は夜間加算(保険負担割合3割でプラス150円)が加算されてしまいます。
お時間のない方は、午前10時から午後1時45分までの受付をお勧めいたします。

移転のお知らせ
平成26年9月1日より、同じビル3階に移転しました。

新宿駅前クリニック紹介の動画

泌尿器科紹介の動画

泌尿器科疾患に関するお知らせ

2016/08/22
9月は、通常通りの診療となります。
2016/07/22
8月は、通常通りの診療となります。お盆休み・夏季休業はございませんので、いつでもご相談ください。
2016/06/27
7月は、通常通りの診療となります。
2016/04/24
◆女性の医師が常勤(月・火・木・金)となりました。女性医師ご希望の方は、受付へお声かけください。

診療時間

お仕事中の急な体調不良にも対応できるよう、「お待たせしない」 「すばやい処方」を実践しております。
 

新宿泌尿器科専門サイトについて

泌尿器科専門サイト
泌尿器科専門サイトは、泌尿器科の病気や症状でお悩みの方のための、医療情報サイトです。
この病気や症状は何科にかかればいい?泌尿器科でよく診療する病気や症状をまとめておきましたので、参考にしてください。

【泌尿器科で診察する病気の悩み】
・彼女がクラミジアと告白されたので、自分からかも
・淋病にかかったことがあるけど、そのときと同じのような症状が
・思い当たることがないのに、尿道炎の症状が
・膀胱炎を繰り返しやすい
・コンジローマみたいなものが竿にできた
・体に赤い斑点ができて梅毒が心配」
・彼女ができたから、エイズ検査しておきたい
・包皮炎に繰り返しなりやすい
・性器ヘルペスで、白いぶつぶつができて痛みが再発する
・泌尿器科(性病科)に行ったことないが、行くのは恥ずかしい
・郵送の性病検査キットで、淋病だった

【泌尿器科の症状の悩み】
・尿が濁りがあって、違和感も
・亀の部分にぶつぶつができた
・蒸れたせいか、陰部らへんがとてもかゆい
・尿道から白い膿が止まらない
・おしっこをするときに、どうも尿道に違和感を感じる
・あそこがじゅくじゅくして気になる
・水ぶくれのように、パンパンにあそこが腫れる
・陰毛に虫がいるように見える

当院について

当院は新宿区西新宿(新宿西口ヨドバシカメラそば)にあり、新宿西口、新宿南口、西新宿、新宿東口にお勤めの方、新宿区以外にも、渋谷区、中野区、港区、豊島区などの都内23区内にお住まいの方、新宿駅をよくご利用される方、アクセスが良いため、渋谷駅、池袋駅、東京駅などからも通院いただいております。
夜19時まで夜間診療しておりますので、お仕事帰りにも安心しておかかりいただいています。
泌尿器科では、男性の性病、性病検査、尿道炎、クラミジア、淋病、コンジローマ、亀頭包皮炎、梅毒、性器ヘルペス、エイズ、女性であれば膀胱炎などの病気、排尿時の痛み、違和感、かゆみ、陰部(亀頭、包皮、陰毛部、肛門部など)の痛み、違和感、かゆみなどの症状を保険診療しており、数多くある泌尿器科の中でも当院をお選びいただき、年間のべ1万人以上の方がいらっしゃいます。
泌尿器科以外にも、皮膚科、内科などもございますので、何科で病院に来ているのかは、他の方にはわかりません。また、男性の方の場合は、看護師は立ち会わず、男性医師による個室の診察室での診療となりますので、プライバシーも守られております。
前立腺肥大・前立腺癌・尿路結石・尿失禁などは、精密検査機器のある医療機関を受診してください。近隣の総合病院、大学病院としては、新宿区若松河田町の東京女子医科大学病院泌尿器科、渋谷区代々木のJR東京総合病院泌尿器科、新宿区西新宿の東京医科大学病院泌尿器科などがあります。
紹介状が必要な場合は、受診していただき、紹介状をお書きする場合もあります。
女性の性病は、当院では診療しておりませんので、女性の性病を診療している婦人科、レディースクリニックにおかかりください。女性は膀胱炎のみ診療しております。

なお、泌尿器科受診ご希望の方は、ご予約不要ですので、受付時間中に、ご都合のよろしい時間に、クリニック受付へいらしてください。お気軽にご相談ください。


男性の性病検査・治療費用【保険診療の目安】

初診料・処方せん料・クラミジア検査代 合計3000円前後
初診料・処方せん料・淋病検査代 合計3000円前後
クラミジア内服治療薬(1週間分) 2000円前後
淋病内服治療薬(1週間分) 2000円前後

【例:】
クラミジア検査・治療で、診察、検査、処方せん発行、治療薬代(調剤薬局にて)がかかった場合
◆初診料・処方せん料・クラミジア検査代3000円前後+クラミジア内服治療薬代2000円前後=合計5000円前後

男性の性病検査・治療費用【自由診療の料金表】

初診料  0円
再診料 0円
クラミジア検査 3000円(税込)
淋病検査 3000円(税込)
クラミジア内服治療薬(1週間分) 9000円(税込)
淋病内服治療薬(1週間分)  9000円(税込)
クラミジア治療薬の点滴 9000円(税込)
淋病治療薬の点滴 9000円(税込)
細菌性尿道炎検査 3000円(税込)
細菌性尿道炎内服治療薬(1週間分) 9000円(税込)

【例:】
クラミジア検査・治療で、診察、検査、治療薬代(院内処方にて)がかかった場合
◆初診料0円+クラミジア検査代3000円+クラミジア内服治療薬代9000円=合計12000円(税込)

【例:】淋病で、診察、検査のみ
◆初診料0円+淋病検査3000円=合計3000円(税込)

主な泌尿器科疾患受診者数

【泌尿器科】 2014年度(単位:人)

膀胱炎 2,430
尿道炎 2,750
クラミジア 1,290
淋病 670
尖圭コンジローマ 530
亀頭包皮炎 2,910
性器ヘルペス 410
以下のような症状の方はお気軽にご相談ください
 

膀胱炎、梅毒、クラミジア、トリコモナス、毛じらみ、性器カンジタ症、淋病 など

新宿駅前クリニックへ通院いただいている患者さまの地域
板橋区、練馬区、豊島区、北区、足立区、葛飾区、荒川区、台東区、文京区、中野区、新宿区、港区、千代田区、中央区、江東区、戸川区、墨田区、東久留米市、西東京市、世田谷区、杉並区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、三鷹市、調布市、狛江市、武蔵野市、八王子市、日野市、多摩市、稲城市、府中市、立川市、入間市、飯能市、青梅市、羽村市、福生市、昭島市、あきる野市、武蔵村山市、瑞穂町、日の出町、国分寺市、国立市、東大和市、東村山市、小平市の各市町村にお住まいの方々、ならびに、大久保、東中野、中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺、三鷹、武蔵境、東小金井、国分寺、西国分寺、国立、立川の中央線各駅をご利用の皆様、西武新宿、新大久保、高田馬場、下落合、中井、新井薬師前、沼袋、野方、都立家政、鷺ノ宮、下井草、井荻、上井草、上石神井、武蔵関、東伏見、西武柳沢、田無、花小金井、小平などの西武新宿線各駅をご利用の皆様、新宿3丁目、代々木、千駄ヶ谷、原宿、初台、幡ヶ谷、笹塚、代田橋、明大前、下高井戸、桜上水、上北沢、八幡山、千歳烏山、仙川、つつじヶ丘、国領、布田、調布、南新宿、参宮橋、代々木八幡、代々木上原、東北沢、下北沢、世田谷代田、梅が丘、豪徳寺、経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、成城学園前、喜多見、狛江、和泉多摩川、登戸など、京王線、小田急線、JR線等、新宿駅を基点として広がる各路線沿線の方々からご通院いただいております。ご勤務先としては、京王プラザホテル、KDDIビル、新宿住友ビル、新宿三井ビル、新宿センタービル、新宿アイランドタワー、新宿野村ビル、ヒルトン東京、損保ジャパンビル、新宿NSビル東京都庁舎、新宿第一生命ビル、ハイアットリージェンシー東京、新宿ワシントンホテル、新宿エルタワー、新宿グリーンタワー、新宿スクエアータワー、等新宿駅西口をご利用の方々の通勤途中でお立ち寄りいただける受診に便利な立地です。

PAGE TOP